レーザーで顔イボをキレイに取る?

MENU

レーザーで顔イボをキレイに取る?

顔イボがボツボツとあるだけでも、見た目の印象を悪くしてしまう根源。顔イボが目立つからと人から顔を覚えられるというのも、あまり嬉しくはないものです。
できることなら、サッとキレイに取ってしまいたいものですよね。

 

皮膚科では液体窒素療法が盛んだと思いますが、液体窒素は深さの微調整ができず浅いと再発の恐れがあるとされています。

 

ですから、痕を残さず再発も少ない今主流の炭酸ガスレーザーは最良の治療方法といえます。
そんな画期的なレーザー手術、それは顔イボにも効果を発揮するのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

 

炭酸ガスレーザーが主流?

現在、使用しているのは炭酸ガスレーザー。
顔イボだけではなく、顔ホクロやシミにも効果があると言われています。

 

もちろんウイルス性イボの場合でもレーザー治療可能で、イボ組織だけを根治します。

 

メスと同じように患部を切り取る効果がありますが、メスで切り落とすとその部分にも血管は走っているため止血に時間がかかりますよね。

 

でも、炭酸ガスレーザーでは患部や顔イボを「焼く」という形で除去し、その際に血管も焼いてしまうので止血効果もあります。
そのため、メスで切った場合よりも出血が少なくて済むのです!

 

メスと同じような作用で顔イボを取るため、施術前にはその部分に局所麻酔が必要となります。
痛みを感じるのは、この麻酔をする時のみだそうです。

 

麻酔が効いているおかげで、炭酸ガスレーザーを当てる時には痛みはあまり感じないと言われています。

 

顔イボに炭酸ガスレーザーを当てると、顔イボに含まれる水分にレーザーが吸収されてイボを蒸散させて取るという処理方法となっています。
周辺の健康な皮膚には照射されず、また健康な皮膚においては切れるという心配がないので安心ですね。

 

真ん中がくぼんできてテープを張って対処しますが、いくつかの薬を使わず、ひたすら待つようにします。
皮膚組織が形成されていく過程で辛抱が必要ですが、炭酸ガスレーザーを使用してから約1週間で傷が目立たなくなります。

 

また、1回の施術で顔イボが取れてしまい、その後は創の手当のみなので複数回レーザーを浴びるということはありません。
レーザー施術後のフォローが特に重要で、メラニン生成を抑えるハイドロキノンを使って最後に1週間後から医療用の美白剤を塗るケースがあることも!

 

ちなみに1か月あたりで取れるイボは、2個までとしている病院もあるようですので、このあたりは医師に聞いてくださいね。

 

もちろん手術の熟練度によって仕上がりに多少の差が出てきますが、隆起の少ないタイプの顔イボだとレーザー治療はさらに効果を発揮するでしょう。

 

ウイルス性イボはとにかく組織を根治しない限り、再発する可能性が高いと言われていますので、完全に取りたいと願う人にはレーザー手術をオススメします。
なにせイボ組織だけに照射しますから、仕上がりもキレイになりますからね。


スポンサーリンク